模擬負荷試験・内部観察・予防保全
平成30年6月1日より

非常用発電設備の点検方法が改正されました

改正前

1年に1回、模擬負荷試験必須

非常用発電機の負荷試験もしくは内部観察が6年に1回の実施に変更

しかし予防保全などの整備を実施する事が必要となりますのでご注意ください。

詳しくは下記をご確認の上、ご不明点やご質問がございましたらお気軽にお問い合わせください。

改正の大きな4つのポイント

  • 負荷試験に代えて行うことができる
    内部観察という点検方法を追加

    • 以前
      負荷試験のみ
    • 改正
      負荷試験または
      内部観察等
  • 予防保全を1年に1回行えば、
    負荷試験および内部観察を6年に1回に延長できる

    • 以前
      1年に1回
    • 改正
      予防的な保全策が毎年講じられている場合は6年に1回
  • 原動機にガスタービンを用いる
    自家発電設備の負荷試験は不要

    • 以前
      すべての自家発電設備に負荷試験が必要
    • 改正
      原動機にガスタービンを用いる自家発電設備の負荷試験は不要
  • 換気性能点検は負荷運転時ではなく、
    無負荷試験時等に実施するように変更

    • 以前
      負荷試験時に実施
    • 改正
      無負荷試験時に実施
模擬負荷試験について

当社の模擬負荷試験は、むやみに負荷をかけません!

負荷試験の実施が良いとされていますが、全ての設備に適しているとは限りません。長い期間、負荷試験を行っていない設備に急激に負荷を加えてしまうと、故障の原因になります。

当社では、むやみに負荷試験を行うのではなく、設備のご状況によって最適な試験をご提案させていただきます。「そろそろ負荷試験をしなければいけない時期になってきた」「行政から負荷試験をしないと運営停止になると言われた」など、負荷試験に関してお困りごとやご質問等ございましたら、テクノディーゼルまでお気軽にお問い合わせ下さい。

  • 負荷試験のメリット

    実際の非常時と同じ出力を発電機に与え、試験ができるため
    いざというとき不始動を未然に防ぐことが出来る

  • 負荷試験のデメリット

    しばらく点検を行っていない設備に
    急激に負荷を与えてしまうと壊れてしまう

模擬負荷試験・内部観察・予防保全が義務付けられている施設例

人が多く集まる公共施設や民間施設の非常用発電設備に問題があると、いざというとき多くの被害者を出しかねません。

非常用発電設備の設置実績は、年々増加しており、平成24年度には全国で約20万台を超えました。

災害への関心が高まっている中、非常用発電設備の点検をしっかりと行い、備えている施設管理者様が増えてきました。

  • 学校
    学校
  • 病院
    病院
  • ホテル
    ホテル
  • 集合住宅
    集合住宅
  • 大型複合施設
    大型複合施設
  • 工場
    工場

模擬負荷試験・内部観察・予防保全が必要な3つの理由

  • 消防法・建築基準法
    による法的義務

    法的義務

    非常用設備には、消防法・建築基準法により、6年に一回の負荷試験若しくは内部観察の義務が定められています。東日本大震災で多くの非常用設備が作動しなかったことを受けて、 現在では負荷試験を怠ると管理者に厳しく責任が問われる可能性があります。

  • 万が一の災害時に
    設備の不始動を防ぐ

    万が一の災害時に設備の不始動を防ぐ

    東日本大震災で多くの非常用設備が作動しなかったように、いざ災害が起きてしまった時に設備が作動しないと意味がありません。 人々の安全を守るために、施設の管理者として非常用設備のメンテナンスは必ず行いましょう。

  • 設備の不具合
    排気管からの出火の原因に

    設備の不具合や排気管からの出火の原因に

    非常用設備の点検を怠ると、エンジン故障の原因となるカーボン(すす)が蓄積し、そのままにしておくと排気管から出火する恐れもあります。 いざという時の設備が二次災害を起こさないために負荷試験をする必要があります。

  • 負荷試験または内部観察等を怠ると、
    人の命に関わります

    東日本大震災時、非常用設備のメンテナンスが不十分だったために、設備が動かなかったケースが全体の41%もありました。 非常用設備を設置していても、災害時に動かないのでは意味がありません。いざというとき、最後の砦になるのが非常用設備です。 消防法・建築基準法の規則に従って、適切な負荷試験または内部観察等を行うことを徹底しましょう。

  • 東日本大震災における設備の稼働状況
    出展:社団法人日本内燃力発電設備協会

模擬負荷試験が推奨されるワケ

模擬負荷試験と内部観察のメリットデメリットをまとめました。
施設の状況に応じた方法をご提案します。

  • 模擬負荷試験

    • 模擬的な負荷を使用し段階的に110%まで負荷をかけることが可能
    • 非常用発電機を切り離して試験を行うため大規模な停電の必要がない
    • 高負荷がかけられるため、非常用発電機の性能を確認できる
    • 蓄積したカーボン(すす)の除去ができる
    • 1日で作業が完了できる
    • エンジン整備の技術を要しないため、比較的安価に試験が出来る。
  • ・高層施設などの屋上に設置されている場合、負荷試験器を近くまで搬入出来ない為、試験が困難
    ・老朽化した発電機や設備に不具合があった場合は試験時に発電機が壊れる恐れがある。
    ・負荷運転時に騒音とススが大量に発生する。        
    ・試験機の搬入及び配線作業を要する。           
  • 内部観察

  • ・部品交換整備を含める事により経年劣化部品の整備をふくんだ点検ができる。
    ・負荷運転時のように騒音ススを発生しない。       
    ・大型の機械の搬出入の必要が無い。            
    ・負荷試験を実施出来ない状況の施設であってもエンジン内部の洗浄を含むため負荷試験と近い試験結果をえられる。
    • エンジンの分解整備を要する為、エンジンのサイズにより即日復旧が困難となる。
    • 専門的な技術を要する為、負荷試験に比較して費用が高額になる。
    • 実際に負荷をかけて運転するわけでは無い為、災害時の運転状況とは異なってしまう。
内部観察について

内部観察による点検も対応できます!

消防庁が負荷運転の代替点検方法として規定した点検方法です。

当社では、点検作業に必要なエンジンをオーバーホールする技術があるため
内部観察での点検方法もお選びいただけます。

確認が必要な項目

  • 過給器コンプレッサ翼及び
    タービン翼並びに
    排気管等の内部観察
  • 燃料噴射弁等の動作確認
  • 潤滑油の成分分析
  • シリンダ摺動面の
    内部観察
  • 冷却水の成分分析
  • 内部観察のメリット

    ・音や煙がでないため、近隣のご迷惑にならない

    ・非常用設備が地下にある場合でも作業が可能

  • 内部観察のデメリット

    ・工数が多いため、日数・費用がかかる

    (内視鏡による点検の場合、比較的費用は抑えられます)

予防保全について

予防保全の計画作成・ご提案もお任せください!

不具合を予防する保全策として確認交換等を行うことをいいます。

従来の負荷試験は、1年に1回点検が必要でしたが、
予防保全が毎年講じられている場合は、6年に1回に点検を延長することができます。

どのような計画で点検を行っていくかお悩みの方は、
予防保全の計画や提案もさせていただきますのでお気軽にご相談ください。

予防保全を講じている場合の負荷試験または内部観察等の実施タイミング

予防保全を講じている場合の負荷試験または内部観察等の実施タイミング

1年ごとに確認が必要なもの

確認内容
予熱栓予熱栓の発熱部に断線、変形、絶縁不良等がないことを確認する。
潤滑油
プライミングポンプ
プライミングポンプが正常に作動していることを確認する
点火栓電極の異常な消耗がないこと、プラグギャップ値が製造者の指定値範囲であること、異常な燃焼残さ物の付着がないことを確認する。
冷却水ヒータ冷却水ヒータケース外周又は近傍の配管等に触れ、その他の部位より温度が高いこと、テスタにて冷却水ヒータの断線等の有無を確認する。

交換すべき部品

メーカーが設定する推奨交換機間内に交換するべき部品は下記の通りです。

交換期間が分からない方は、お調べいたしますので
お気軽にテクノディーゼルまでお問い合わせください。

  • 潤滑油
  • 冷却水
  • 燃料
    フィルター
  • 潤滑油
    フィルター
  • ファン駆動用
    Vベルト
  • 冷却水用等の
    ゴムホース
  • パーツごとに
    用いられる
    シール材
  • 始動用の
    蓄電池等